プロミスの増額方法

プロミスの2つの増額方法
プロミスのカードローンを利用していて、増額する方法は2つあります。

プロミス側から増額のお誘い電話がかかって来た場合
実績がある程度ある人に、プロミス側から利用者に電話が来て増額の案内をされます。
その時に増額したいと言うと、現在の契約内容に変更がないか尋ねられるので、変更がなければその後、審査が開始されます。

自分で増額申請を申し込みする場合
電話やネットの会員ページから申込みする方法です。
他にも無人契約機・店頭窓口でも申し込みが可能です。

審査に通過しやすいと考える人もいるかもしれませんが、審査はきっちり行われるので自分で申請する方法と審査の通りやすさに違いはありません。
増額のお誘い電話がかかってきたからと言って、必ず増額できる訳ではありませんので注意しましょう。

審査は即日対応!でも当日に結果が来るかは別!

プロミスの増額は即日審査に対応しています。
審査の受付は平日の9時~18時。
上記の時間外に申込をした場合は、翌営業日に審査開始となり、当日の追加融資はできないので注意が必要です。
また、結果通知には2~3日かかることもあるので、必ずしも当日中に増額できるとは限らないのです。

プロミス増額の条件

プロミスの増額条件

  • 契約から1年以上、利用している
  • 他社も含む借入で返済の滞納・遅延がない
  • 契約内容に変更がない、又は属性が良くなっている
  • 他社も含む、現在の借入総額が年収の3分の1以下である

以上全ての項目にチェックがついていれば増額審査に通る可能性が高いと言えます。
しかし、チェックが付かなかった項目があった人は審査に時間がかかったり、審査落ちの可能性が高まります。

利用実績が必要

キャッシングは信用貸し。
借入と返済を問題なく繰り返す利用履歴を摘む事で信用が高まり、
「この人ならもう少し貸してもきちんと返済してくれるだろう」と増額も可能になります。

以上から、契約したまま一度も利用せずに申請したり、小数回の借入・返済を行ったところで審査通過は難しいでしょう。

信用情報に敏感

金融会社は利用者が、本当に返済できるのかを重視します。
そのため、金融の審査には個人信用情報の開示が付き物です。

現在の限度額は契約時に貸しても大丈夫と判断した金額。
それ以上に貸すことは金融会社にとってもリスクを伴います。

JICCやCICに個人信用情報を紹介し、現在の他社での借入件数や返済実績を確認しますし、
結果、追加融資に不安ありと判断されれば審査落ち、場合によっては減額もあり得ます。

契約の変更について

基本的に現在の契約内容に変更があった時点で、キャッシング会社に申告する必要があります。
もしも、変更点を伝えずに申請してしまうと、確認の連絡がきたりして審査時間が通常よりも長くなります。
最悪の場合は増額審査を否決されることもあります。

総量規制とは

金融会社には賃金法と言う法律が定められています。
その中に総量規制があり、年収の3分の1以上のお金を貸すことが禁止されています。
この為、借りたい額が現在の借入総額と合わせて、年収の3分の1を超える場合は、増額審査に通過することは絶対にできません。

これだけ沢山のことを求められても、審査に通過するかはプロミス次第です。
万が一、審査落ちすると、減額・利用停止もあり得るので、安易に申込むのはリスクが高いと言えます。

それでも、今どうしてもお金が必要な時は、総量規制対象外のカードローンに新規契約する方法があります。

総量規制対象外のカードローンとは?

プロミスは消費者金融の為、総量規制の対象となりますが、対象外の金融会社もあります。
それは銀行のカードローンです。
銀行カードローンは賃金法ではなく、銀行法が適用されるため、審査に通れば年収の3分の1以上のお金を借りる事も可能です。

増額よりも銀行カードローンの新規契約が楽で得!

銀行カードローン 新規契約
銀行カードローンの新規契約がおすすめ!

収入証明書の提出不要なケースが多い!

プロミスは、利用限度額が50万円以上希望する人と、借入額が他社のものと合わせて100万円を超える人の場合、収入証明書の提出が必要になります。
銀行カードローンは、希望限度額100万円~最高500万円まで収入証明が不要な事が多く、提出する条件のハードルが消費者金融に比べて低いです。
(※審査の過程で希望借入額に関係なく提出を求められる場合もあります。)
なので収入が少ないとされる、パートやアルバイトの主婦でも借りられるローンとして、注目のカードローンでもあります。

審査結果も最短30分で即日融資も可能

申し込みの手続き方法は沢山あるのに対し、プロミスの増額審査結果は電話のみです。
銀行カードローンは、審査に時間がかかると思っている人も多いかもしれませんが、申込み内容にミスや偽りがなく、信用情報なども問題なければ結果は最短30分できます。
結果もメールや申込み画面で確認できるので、電話での連絡がないのが利点です。

金利も消費者金融より低い!

消費者金融は年利18%というところが多いですが、銀行カードローンは最も低いところで年利13.8%~と金利がお得です。
利息も積もれば大きくなるので、少しでも利息が低いのは魅力的です。

無利息期間のあるカードローンもある

新規契約の場合、無利息の期間があるカードローンもあるので、利用することができれば断然お得です!

ただし、無利息期間が終わると契約時に決まった金利適用がスタートします。
無利息だからどのカードローンでもいいというわけではありません。
詳しくは下記サイトが参考になります。
(参考サイト:専業主婦カードローンMrs.|内緒で即日融資!主婦が借りれるのはココ

まとめ

プロミスの増額は信用度と総量規制がネックです。
増額できなかった時に新規契約をしようと思っても、増額申請をした事が信用情報に残ります。

審査結果は載ることがなく、照会履歴だけが記載されるので、他社でも借りたいと思っていると誤解されたり、怪しまれたりします。

増額に不安のある人は、増額申請より他社での新規契約をする方がリスクも低く、時間も短時間で済むことが多いです。